学校長あいさつ

求めればあなたの学びに必ず会える学校です

鹿児島育英館中学校・高等学校 校長 宮元 一賴

鹿児島育英館中学・高等学校のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。私たち鹿児島育英館中学・高等学校は南九州最大の総合学園である日章学園の12校の学校の1つです。

本校「育英館」はその校名の由来のとおり、英才を育てる学校です。英才とは、志を胸に世の中のために生きる人のことです。天才や秀才との大きな違いは、「世の中をよりよく変えたい」という理想を強くもつところです。小人数編制、国際感覚を育てる英語の授業で「英語の育英館」と呼ばれる実績をもっています。海外の大学へ進学し、世界中を活躍の場にしようとする夢の実現にも大きく寄与しています。新しい教育を積極的に取り入れて、グローカルな視点を身につけ、SDGsへの解決に役立つ力を育てています。

また、「道義に徹し、実利を図り、勤労を愛す」の建学の精神に基づき、心の教育にも力を入れています。先手挨拶から時間厳守、無言作業など、成人として社会生活で信頼される資質の根幹となる部分を鍛える学校でもあります。中学校体育コースは、2つの部活動に所属します。世界で活躍する大迫勇也先輩を目標に全国大会常連のサッカー部と全国大会制覇をなしとげた野球部です。この体育コ-スは鹿児島城西高校との中高一貫で、世界で活躍する選手の育成をめざしています。また、特進コースは育英館高校卒業までの6年間で、全員英検2級取得を目標に努力し、難関大学合格の夢実現にむけてがんばっています。バドミントン部は九州大会を制し、全国での活躍を視野に入れて日々練習に励んでいます。

学びの多様化、学びの自分化が進む時代です。キャンパスのない大学が世界に存在し、地球規模で学習フィールドが広がっていきます。いろいろな国の生徒たちが同じ課題を追究して、オンラインでつながります。「自分が何になりたいのか、自分は何にチャレンジしたいのか」、それが自由にできる時代になっています。求めれば、あなたは変われるのです。学ぶことであなた自身が変わり、変わることで、新しい学びを求めるようになります。

ぜひ、皆さんが自分の学びに出会えることを祈っています。「学ぶ青春時代、学春」が合い言葉です。ぜひ、皆さんも自分の可能性に出会うために本校の門をくぐってください。ゴールラインとスタートラインは案外近いところにあるのかも知れません。自分から求める勇気さえあれば、あなたの夢実現の物語がスタ-トです。ゴールはすぐそこ、勇気を出して、先生方といっしょに鹿児島育英館で学春の世界に飛び込んでみましょう。皆さんの入学を心からお待ちしております。

鹿児島育英館中学・高等学校校長 宮元 一賴

学校概要

学校創立
昭和58年4月1日
法人名
学校法人日章学園
理事長
後藤 洋一
学校認可
平成4年1月30日
学校名
鹿児島育英館中学・高等学校
校長
宮元 一賴
所在地
鹿児島県日置市伊集院町猪鹿倉550
中学校 定員
40名
高等学校 定員
40名

沿革

  • 学校法人城西学園鹿児島城西高等学校に全寮制普通科(鹿児島育館)設置認可
  • 全寮制普通科(鹿児島育英館)第1期生入学
  • 全寮制による鹿児島育英館中学校1期生入学
  • 新校舎並びに中学校寮落成
  • 新体育館落成
  • 中高一貫教育校として鹿児島育英館中等部・高等部が開校
  • 中等部食堂および集会室落成
  • 教室及び第1寮の冷房完備
  • 中等部3年生 米国テキサス州ナカドウチェス市で短期語学研修スタート
  • 日章学園と法人合併 日章学園鹿児島育英館中等部・高等部となる
  • 校名を鹿児島育英館中学校・高等学校として全寮制を廃止、男女共学となる
  • 鹿児島育英館中学校に体育コースを設置 第1期生入学
  • 鹿児島育英館中学校体育コースに野球部を創設

数々の表彰

本校は、進学校でありながらスポーツでも全国レベルの成績を収めています。中でも中学野球部、中学サッカー部は、全国大会の常連で優勝、準優勝など強豪校として全国に名を馳せています。その結果、多くのプロスポーツ選手を輩出していることも本校の大きな特徴の一つです。

キャラクター

とことんマン

「とことんマン」育英館中学校・高等学校のマスコットキャラクター。とことん面倒を見るために、とことん頑張る姿を表したものです。胸にハートのマークを持つ愛に満ちた学校を象徴するものです。